司法書士とは?

「司法書士って何する人?」とよく聞かれます。「カバチタレ?」ともよく言われます。実を言うと、今でもうまく説明できません。(「カバチタレ」とは、ドラマ化もされた行政書士を描いた漫画です。)

一昔前までなら、「不動産の権利の登記と会社・法人の登記をする人」で9割方良かったのでしょうが、今現在は、職域が大変広がり、なかなか一言では、言い切れません。認定司法書士は、「簡裁訴訟代理等関係業務」を行うことができますし、『社団法人成年後見センター・リーガルサポート』を中心に成年後見の分野でも活躍しています。
このように幅広い職域のある司法書士は、各事務所ごとに特徴をもって運営されています。ある分野(債務整理等)に特化した事務所や他の専門士業と共同してワンストップサービスを提供している事務所などいろいろです。
当事務所では、依頼者の皆様にご満足いただけるよう「一つ一つの業務を迅速かつ丁寧に」を心懸け、日々研鑽しております。 

不動産登記

相続による名義変更

最近の法務局は、大変に親切で何でも丁寧に教えてくれるので、やる気と時間さえあれば自分でも出来ます。しかし、手間暇は掛かります。少なくとも3度は、法務局に通わなくてはならないでしょう。亡くなった方の戸籍を収集するのも1カ所ですむ場合もありますが、大抵の場合は2カ所以上に請求しなくてはならず、電話での役所とのやり取りも煩わしいものです。
時間の有効活用をお考えなら、「最初から専門家に任せる」のも一法です。 

 

その他の不動産登記

 1.ローンの完済により抵当権の抹消書類を渡された
 1.不動産の売買や贈与により名義を書き換えたい
 1.離婚したので財産分与で不動産の名義を書き換えたい
 1.その他不動産に関して相談したい

 

 

商業登記

会社の設立
 
今、株式会社の設立をお考えならば、専門家に依頼した方がお得となるケースが多いようです。
オンラインを利用しますと、定款認証の印紙代金4万円が不要となります。


その他の商業登記

 1.会社の本店を移転したい
 1.会社の商号や目的を変更したい
 1.(代表)取締役や監査役を増やしたい、変更したい
 1.(代表)取締役の氏名や住所が変わった
 1.取締役会や監査役をなくしたい
 1.有限会社を株式会社にしたい
 1.その他法人登記